工学研究について

神奈川大学工学研究所 規則

昭和50年5月15日
規則第8号

  • 第1条 神奈川大学に、神奈川大学学則第4条に基づき神奈川大学工学研究所(以下「研究所」という。)をおく。
  • 第2条 研究所は、工学に関する研究調査を行い、工学の発展に資することを目的とする。
  • 第3条 研究所は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
    • (1) 工学に関する各分野間の共同研究、特に産官学連携推進
    • (2) 工学研究所所報、研究調査の成果並びに資料の刊行
    • (3) 図書及び資料の収集整理
    • (4) 共同利用機器・設備の管理運営
    • (5) その他研究所の目的を達成するに必要な事業
  • 第4条 研究所に次の職員をおく。
    • (1) 所長 1名
    • (2) 所員
    • (3) 補助研究員 若干名
    • (4) 事務職員及び教務技術職員 若干名
    • (5) 特別研究員及び客員研究員 若干名
  • 第5条 所長は、所務を統轄し、研究所を代表する。
    • 2 所長は工学部専任教授のうちから所員会議の審議を経て、学長が委嘱する。
    • 3 所長の任期は2年とし、再任を妨げない。
  • 第6条 所員は、研究所の目的を達成するために必要な研究及び調査を行う。
    • 2 所員は本学工学部の教授、准教授及び助教とする。
    • 3 研究所の事業遂行のため必要と認められる場合、学外の者を所員に委嘱することができる。この場合の採用は非常勤講師に準じて行う。
  • 第7条 補助研究員は、専任及び兼任とし、所員の職務を助ける。
    • 2 補助研究員の委嘱等については、研究所運営委員会の審議を経て、所長がこれを行う。
  • 第8条 特別研究員は、研究所の事業を積極的に推進するためにおくもので、大学院博士課程を修了した者、単位取得後退学(研究指導終了後退学を含む。)した者又はそれと同等以上と認められる者のうち、所員の推薦に基づき、運営委員会及び所員会議の審議を経て、学長が委嘱する。
    • 2 特別研究員の研究期間は2年とし、再任を妨げない。
    • 3 客員研究員は、研究所の事業遂行に必要な協力を得るためにおくもので、学外(国外を含む。)の大学の教授、准教授、助教、専任講師又はそれと同等の研究歴を有すると認められる者のうち、運営委員会及び所員会議の審議を経て、学長が委嘱する。
    • 4 客員研究員の任期は2年とし、再任を妨げない。
    • 5 特別研究員及び客員研究員には、所員に準ずる研究上の便宜が供与される。ただし、予算の執行を伴うもので、別に定める取扱いに掲げるものについてはこのかぎりではない。
    • 6 特別研究員及び客員研究員の申請にあたっては、所定の申請書を所長に提出しなければならない。
  • 第9条 研究所の事業の運営に資するため、研究所に運営委員会をおく。
    • 2 運営委員会は、研究所の管理運営並びに予算案の審議及び決定を行う。
    • 3 運営委員会は、次の者をもって構成する。
      • (1) 所長
      • (2) 各学科及び教室全体から次の割合で選出された者
        各学科から  1名
        教室全体から 1名         
      • (3) 所長が指名した者 若干名
    • 4 前項第2号に規定する委員の任期は2年とし、第3号に規定する委員の任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。
  • 第9条の2 所長は、定期的に、かつ必要に応じて所員会議を招集する。
    • 2 所員会議は、研究所の事業の運営を審議する。
  • 第10条 この規則の改廃は、運営委員会及び所員会議の審議を経て行う。

附 則
この規則は、昭和50年5月15日から施行する。
附 則(昭和54年3月16日規則第22号)
この規則は、昭和54年4月1日から施行する。
附 則(平成5年12月24日規則第43号)
この規則は、平成5年12月24日から施行する。
附 則(平成11年7月27日規則第60号)
この規則は、平成11年7月27日から施行する。
附 則(平成17年2月3日規則第70号)
この規則は、平成17年2月3日から施行する。
附 則(平成18年3月16日規則第72号)
この規則は、平成18年4月1日から施行する。
附 則(平成19年3月15日規則第74号)
この規則は、平成19年4月1日から施行する。
附 則(平成27年3月26日規則第1063号)
この規則は、平成27年4月1日から施行する。

▲このページのトップへ